得意分野を伸ばすカリキュラム

授業

全日制高校とは異なり、通信制高校では得意分野を伸ばす事ができるカリキュラムが充実しています。全日制高校はすでにカリキュラムが決められていて、満遍なく学習をして定期的な試験を受けることが必須です。それに対し、福岡の通信制高校では自分の得意分野を最大限に伸ばし、将来の進路と結びついた学習に取り組むことができるのが特徴です。例えば、ファッションやリベラルアーツ、それに介護福祉の勉強は将来の進路や仕事に直結する科目を実践的に学ぶことができるため、将来を見据えた学習に取り組むことができるのが強みです。中学時代は目標を持つことができなかった子どもたちが、通信制高校に入学後に目標を持って勉学に取り組んでいます。

通学スタイルを選ぶことができる

通信制高校であれば、通学スタイルも自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができるようになっています。全日制高校と同様に、週5日高校に通って学習をすることも可能です。他方、月に数回の通学に限定する代わりに、Web学習を中心に自主的な学習スタイルで勉強を進めることができるのも福岡の通信制高校の特徴です。特に、Web学習では自主的に学ぶ姿勢が求められるものの、自分のペースで学習をすることができるのが魅力です。また、単位制の学習スタイルでは、週1回から3回の通学とレポートの提出をきちんと行えば、単位を取得して高校卒業要件を満たすことができます。全日制高校よりも遥かに自由な校風なので、学校に縛られることがないのです。

大学進学も視野に入れた学習方法

私立の指定校推薦を狙うことができるのが、福岡の通信制高校の強みでもあります。有名私立大学との提携をしているため、得意分野を活かしたAO入試で毎年多くの卒業生を輩出している実績があります。中学時代は不登校で学習意欲がなかった子供でも、通信制高校の自由な校風に惹かれて得意分野に注力することで、自分の強みを生かして有名私立大学へ入学することもできるようになりました。通信制高校と言えば、卒業後は就職というイメージが強かったですが、徐々にそのイメージが変わってきています。予備校との協力体制を敷くことに成功しているので、難関私立大学への進学も毎年多くの卒業生を送り出しています。AO入試を生かして得意分野での受験ができるのが私立大学の強みであるので、英語やスポーツといった得意分野を高校で存分に伸ばし、それを高校入試で活かすことができるのが、通信制高校の特徴です。

広告募集中